ハンドメイド商品の販売サイトをつくろう

ハンドメイド商品の販売サイトをつくろう

どーも皆さんオタンコナス!

世の荒波に揉まれ、濁流に飲み込まれ、それでも社会という高波うねる大海原を自営業という小さなイカダで渡ってゆく弱小ブランド経営の零細ハンドメイド作家、Canecry(カネクレィ ※金くれ)のロミ子です!ところでオタンコナスってなんですか?詳細知ってる方いたらご教示願います。いや、マジで。

さてさて、このたびは『ハンドメイド作家のための、いちばん丁寧な情報サイト』つーことで、愚にもつかない駄文というメロディーにのせて、ハンドメイド作家の為のノウハウをヨロヨロと踊り狂いましょう!てなもんで、実用的な記事、書きます。

***

21世紀のハンドメイド作家にとってのメインの販売方法となりえる、唯一無二の手段といったら、どんなものがあるでしょう?イベント販売?委託販売?訪問販売?はたまたご近所のスーパーの入り口んとこにコッソリ並べといてコッソリ売る?(犯罪だ)、それとも夜の繁華街で「グヘヘ、おねーさん・・・いいの入ってるよ・・・」とかつって、手売りする?(タチが悪い)

否!違います。WEBです!

なぜかというと、適正に広告活動を行っていけば、安定した収益が期待できる上、最悪、家の中のみで完結するという、エリート・ニート(略してエニート)に最適な販売方法であるからです(あと子育て中の主婦とかにもよい)。ニート歴3年、筋金入りのエニートのわたしが言うんだから間違いない!グッヘ-奥さ~ん(ホントどうかしてるよ。

 

ハンドメイド商品の販売サイトを作ってみよう

さて、わたしが運営するCanecryというショップはBASEというWEBショッピングサイト運営サービスで構築されています。

ハンドメイド商品をショッピングサイトで販売しよう
http://romy.thebase.in/

 

無料のショッピングサイト構築から、有料のテンプレート・デザインの購入等により、本格的なサイト構築も可能な大変に優秀なサービスです。


 

まずは無料でユーザー登録してみましょう。https://thebase.in/にアクセス。【無料でネットショップを開く】をクリックします。

ハンドメイド商品を販売してみよう
https://thebase.in/

 

ショップURLの項目には『任意の希望するURL』を、メールアドレスの項目には『自分のメールアドレス』を、パスワードの項目には『自分で設定したいパスワード』を入力し、【利用規約に同意する】にチェックを入れて、【ショップ作成】をクリックします。
ハンドメイド商品を販売してみよう

 

規約画面が表示されますので、内容を確認し、【上記に同意する】をクリック。
ハンドメイド商品を販売してみよう

 

ショップ開設完了!の画面が表示されます。
ハンドメイド商品を販売してみよう

 

ここで画面をいったん閉じて、先ほど設定したメールアドレスにメールが来ているか確認しましょう。間違ったアドレスが入力されたのでなければ、設定したメールアドレスにユーザー認証のメールが届いていますので、送られてきたURL(アドレス)をクリックします。

 

メールアドレスの認証が完了し、無料でサイトが利用できるようになりました。
ハンドメイド商品を販売してみよう

 

あとはヘルプなどを参考にしながら、ロゴマークや商品を登録するだけで、簡単に商品販売が行えるようになります。

この手順でサイトを構築したのが、例えば五助屋レザーBASE店さん。無料登録でも(※売り上げ額に応じた販売手数料は取られます)でも十分な実績を上げています。

五助屋BASE店
http://gosukeya.thebase.in/



 

有料テンプレートを購入し、サイトのデザイン性、ユーザビリティを向上させる

無料バージョンでも十分にネットショップとして活用が可能なBASEですが、さまざまな有料のツールを活用することによって、より高度なネットショップの運営が可能になります。

冒頭で紹介したCanecryのネットショップも様々な有料プランを導入しています。

この辺りは完全に主観とわたしの経験になってしまいますが、無料での利用よりも、ショップの見栄えやピックアップ商品の記載などにより、お店の信頼性がアップします。わたしが利用している有料サービスは、【デザインマーケット】と【BASEロゴの非表示】というサービスですが、それらの導入により月間の売り上げが30%程度アップしました。

BASE等の基本利用無料のサービスが登場してからもはや数年、世には無料サービスで構築されたネットショップに溢れる中、有料版で作成されたショップはやはり信頼性が高まるモノと思われます。

しかし無料版でも十分に活用できるのが、BASEの良いところ。まずは無料版でちゃんとした成果を上げてから、有料サービスを導入し、ステップアップしていきましょう。

***

さて、後学のためにここではデザインマーケットを活用した、デザインの変更を紹介します。

BASEデザインマーケットのページにアクセスします。

ハンドメイド商品を販売してみよう
https://design.thebase.in/

 

ちょっとよくわからないのですが、これ執筆している2017年2月14日現在、BASEの管理ページからBASEデザインマーケットへのリンクが見つけられません。スマホからであれば直接リンクしているようですが、なぜかPC版からの動線が削除されています。なんなのだろうか・・・。

Canecryのネットショップで導入しているのは、DEPARTMENTという有料デザイン。5400円ポッキリ。いいえ、追加料金や月々の使用料は発生しません。その場で5400円払って、あと腐れナシの明朗会計!ちなみにわたしが購入したときは9000円チョイだった気がしますが・・・値下げしたんでしょうか。お買い得やね。
ハンドメイド商品を販売してみよう

 

お好きなデザインを選択し、【購入する】をクリックしましょう。その後のページでクレジットカード等の決済を行うことでショップにデザインが反映されます。
ハンドメイド商品を販売してみよう

 

管理画面から【デザイン編集】をクリックして各種の設定を行っていきます。
ハンドメイド商品を販売してみよう

 

こちらがデザイン編集画面。左側に設定画面が表示さて、右側に設定した内容が更新されていくプレビュー画面が表示されます。

簡単、かんたん、カンタン。
ハンドメイド商品を販売してみよう

ハンドメイド商品を販売してみよう

ハンドメイド商品を販売してみよう

 

いかがでしたでしょうか?無料での利用からステップアップでデザイン等を変更して、高度なネットショップ運営も可能な、BASEというサービス。試しに登録して、まずは基本的な操作方法などをマスターし、ネットでのハンドメイド販売に備えてみては?

ところで、オタンコナスってなんですか(しつこい)。

 

ハンドメイド販売サイトの集客方法を考える(1) [デ…

ハンドメイド作家がInstagramを上手に活用する…

 

 

The following two tabs change content below.
ハンドメイド作家のための、いちばん丁寧な情報サイト管理人・主筆。編集長とかカッコつけて言っちゃうこともありますが、所詮は泥臭い雑用係です。 Canecryっていうジュエリーブランドのオーナー職人ですよ。 http://romy.thebase.in/
[ ハンドメイド商品の販売サイトをつくろう ]ハンドメイド商品の販売方法2017/02/14 00:29